リアル連携事業

千葉県市川市・加藤海苔店

SHARE

  • 基本情報
  • 店舗レポート

078_katonori_07_re.jpg

見えない部分への配慮

加藤海苔店では、海苔が一枚一枚カットされ容器である缶に詰めた後、パッケージラベルを貼る段階に至っても、缶本体に歪みがでたり指紋がついたりしないよう細心の注意を払って作業することを呼びかけており、最終的に海苔が商品となって容器に詰められる最後の最後まで配慮を忘れません。
「お客様が海苔を食べ終わった後、容器を捨てようとラベルを剥がした時、やっぱりその缶自体もキレイな状態じゃないとイヤだと思うんですよね。」
単に海苔を届けるだけでなく、お客様に気持よく味わってもらいたいという気持ちが細かい行程にまで表れていました。

 

078_katonori_08_re.jpg

東京のコロカ店巡り

南行徳は当道府県では千葉県になりますが、東京から地下鉄で約20分という距離にあるので、都内のコロカ店、浅草・壱番屋、入谷・マザーウォーター、東銀座・銀座文明堂東銀座店、西大島・門脇硝子加工所を連続で回ることも可能です。特に門脇硝子加工所は、東西線南砂町駅からも徒歩15分ほどでの場所にあるので、非常に回りやすい位置関係にあります。
また、通常お土産としては、海浜幕張近辺で「Mマークのキャップ」(20プラ)、舞浜で「舞浜のクッキー」(20プラ)をゲットしておきたいところです。

 

 

この店舗の基本情報に戻る

このコロカ店舗を見ている方は、こんなコロカ店舗を見ています!

全国のコロカ店舗を探そう

北海道・東北 関東 甲信越・東海・北陸 近畿 中国・四国 九州・沖縄