コロプラ

コロカ事業

  1. 甲信越・東海・北陸地方一覧

三重県伊勢市 「二軒茶屋餅 角屋本店」を訪ねる

 

015_nikennjyaya_01_02.jpg

まずは伊勢神宮のお膝元、宇治山田へ

名古屋から近鉄で約80分。伊勢神宮のお膝元、宇治山田へ到着です。
駅からは伊勢神宮・外宮と反対方向へタクシーで7分、 懐かしさを感じさせる町並みに、突如として現れる一層歴史を感じさせる建物。ここが今回の目的地 二軒茶屋餅 角屋本店です。

 

015_nikennjyaya_01_03.jpg

出迎えていただいたのは、知性を感じさせる笑顔がすてきな21代目当主 鈴木成宗さん。
土地に根付く店名の由来や、長きにわたる歴史的背景について、過去へタイムスリップしたかのような光景を楽しみながら伺ってまいります。

 

015_nikennjyaya_01_04.jpg

勢田川の眺めから歴史に思いを馳せる

最初にご案内いただいたのは、角屋本店の後ろを流れる勢田川です。伊勢湾からの海水と淡水が 合流する汽水域で、かつて大型船の荷を陸に揚げるための小舟が接岸する場所として、 上陸された方々が休むために、二軒の茶屋が軒を連ねておりました。

一軒は伊勢うどん屋さん、そしてもう一軒、茶店としての角屋本店さんが同地にあったため、「二軒茶屋」の名がついたそうです。

 

015_nikennjyaya_02_02.jpg

その川岸には創業当時から生えている樹齢450年の木が厳かに立っており、1500年代後半の歴史をそのまま現代に切り取ったかのような風景です。

share
  • Facebook
  • Twitter