※音声を再生すると、再生が終わるまで別の音声を再生することができませんのでご注意ください。

『東京、東雲学園。誰もが知るこのハイパーエリート学園こそが、針宮藤次の学び舎である。日本トップクラスのエリート、我々はその語られざる彼の一日を追った』

何かはじまった

いつか特集を組まれた時の予行練習なんだって

暇だな

『午前4時、まだ鳥も鳴かぬこの時間から針宮は活動を開始する』

ほんと迷惑

『朝早いですね?』

『皆が休息している時こそ、出し抜くチャンスですから』

『そう語る針宮の目は険しい』

『神童が名を連ねるこの名門校において常にトップの成績をおさめ、現職内閣総理大臣の長男を務めることは容易ではない』

『驕れる者久しからず』

『この思考こそが、針宮藤次をエリート足らしめる所以である』

ふむ……、流石俺だ。今日にでも依頼が来ても素晴らしい特集となりそうだ

『しかし、我々は彼の知られざる弱点に驚かされることとなる』

!?俺には弱点など…っ

『針宮藤次、職業エリート。その道のりは決して楽なものではない。終』

勝手に終わらせるな!

(ゆうま)『これからどこに?』

良いぞ、望月君!『ランニングです。何をするにも体力勝負。健全なる魂は、健全なる肉体に宿るとも言いますしね』

『そう、健全なる男子高校生ならば、何ら不思議ではない欲求が彼を苦しめる』

なるほど

『そう言っておもむろに走り出した針宮藤次。その道のりは決して楽なものではない。終』

自分で終わらせちゃったよ

キャラクター原案:夏生