コロプラ

コロカ事業

  1. 九州・沖縄地方一覧

大石酒造場の球磨焼酎・大石

 

138_ohishi_01.jpg

多彩な列車を乗り継いで

博多駅より九州新幹線で新八代駅へ。そこから在来線に乗り換え人吉駅。さらにくま川鉄道に乗り終点の湯前(ゆのまえ)駅まで。コロカ店「大石酒造場」の最寄り駅までは博多駅から約4時間の列車旅です。

長時間の移動となりますが、予定の組み方や行き方の工夫でかなり贅沢な旅になります。詳細は後半で。

 

138_ohishi_02.jpg

球磨川沿いの渓谷を行く

新八代駅を出発した列車は、八代駅を過ぎると肥薩線に入ります。

線路はやがてコロカ商品にとって重要な存在である球磨川沿いを縫うように走ります。

深い緑色でゆったりした流れの川は、人吉に向かうに従って川幅が狭まり流れが急に。刻一刻と表情を変えて行く様子に飽きることなく、車窓に吸い寄せられてしまいます。

 

138_ohishi_03.jpg

人吉駅で腹ごしらえ!?

肥薩線は人吉駅で下車。ここからはくま川鉄道に乗り換え。ホームは隣り合っていますが、人吉駅は人吉温泉駅と呼び名が変わります。

時間が合えば、人吉駅前にある売店の名物駅弁で腹ごしらえを。炊き込みご飯に甘い栗がのった「栗めし」と、昆布だしで炊いたすし飯の上に酢締めの鮎がのった「鮎寿司」。どちらも長年の人気に裏打ちされた味と、楽しい見た目が旅に彩りを添えてくれるはずです。

share
  • Facebook
  • Twitter