コロプラ

コロカ事業

  1. 九州・沖縄地方一覧

松下蒲鉾店の天草かまぼこ

 

125_matusitakamabokoten_01.jpg

イルカのプロペラ機

コロカ店「松下かまぼこ店」を目指して、いざ天草へ。

九州で一番大きなターミナル空港となる福岡空港から、天草エアラインに乗り天草まで向かいます。

天草エアラインの旅客機は、39人乗りの小型プロペラ機。機体には天草の小学生がデザインしたイルカの絵が施され、その小ささと相まってなんとも愛らしい乗り物にテンションが高まります。

ジェット機と比べて低空飛行・低速度なので、のんびりと地上を見下ろしながらの移動が楽しめるほか、両翼が機体上部についているため、窓からの眺めも翼に邪魔されることなく一望できます。

 

125_matusitakamabokoten_02.jpg

歴史深い瑠璃の島

瑠璃色の海に四方を囲まれた自然豊かな天草。天草と聞けば、天草四郎や隠れキリシタンなど、学生時代の歴史の授業を思い出します。

1566年、ポルトガル人宣教師・ルイス・デ・アルメイダにより、天草に広められたキリスト教。当時の天草では、人口の約7割にもあたる人たちが洗礼を受けたとされています。

その後、幕府による厳しい年貢の取り立てに耐えかねた天草と島原半島の農民たちが有明海に浮かぶ湯島で談合し、勃発させた大規模な一揆「島原の乱」や、その戦いで様々な逸話を残し神童とも呼ばれた天草四郎の存在など、天草は日本の宣教史を語る上で欠かせない重要な拠点ともなっています。

 

125_matusitakamabokoten_03.jpg

松下かまぼこ店へ到着

天草空港から空港連絡バスに乗り14分ほどの天草市役所前で下車し歩くこと8分ほど。大型スーパーTAIYOの左隣で、入口にちょこんと立つ木彫りの熊が目印の「松下かまぼこ店」に到着です。

我々を出迎えて下さったのは、社長の松下晶一さんと奥様の美奈子さん。聞くところによると、美奈子さんは以前からコロニーな生活をご存知で、週末は九州のスタンプGETやお土産収集を楽しまれているとのこと。

share
  • Facebook
  • Twitter