ニュースリリース

2015.05.01 VR

コロプラ、『白猫VRプロジェクト』を「Gear VR Innovator Edition for S6」向けアプリとして提供開始

『白猫VRプロジェクト』を「Gear VR Innovator Edition for S6」向けアプリとして提供開始

株式会社コロプラ(代表取締役社長:馬場功淳、本社:東京都渋谷区、以下「コロプラ」)は、「Gear VR Innovator Edition for S6(以下、「Gear VR」)」(※1)向けアプリ『白猫VRプロジェクト』を、Oculus store(※2)にて4月30日(木)より提供開始しました。

『白猫VRプロジェクト』は、コロプラが提供するスマートフォンのための王道RPG『白猫プロジェクト』のVR版として開発したアプリです。ゲームプレイ中の全てのシーンを360度視点に対応し、敵キャラや超巨大なボスキャラとのバトルをバーチャルリアリティの世界で楽しめます。ステージクリアごとに、『白猫プロジェクト』で人気のキャラが仲間となり、ともに大冒険に挑んでいきます。今回配信されたGear VR向けの『白猫VRプロジェクト』は、2015年1月9日にOculus Rift対応アプリとして配信した同名アプリの移植版となり、Gear VRの側面にあるタッチパッドや、ゲームパッドでプレイが可能です。Oculus Rift版と同じく、スマートデバイス向けに独自開発した、VRタイトル専用コントローラーアプリ『colopad』にも対応しております。

コロプラでは"Entertainment in Real Life"をミッションとして掲げ、市場の拡大が著しいスマートフォン向けアプリの拡充に引き続き注力するとともに、人々の日常生活をより楽しく、より素晴らしくするサービスを提供してまいります。

(※1)Oculus VR社とSamsung Electronicsが共同開発した、バーチャルリアリティ用ヘッドマウントディスプレイ(HMD、頭部搭載型ディスプレイ)
(※2)Oculus VR社の運営するGear VR専用コンテンツストア

『白猫VRプロジェクト』概要

白猫VRプロジェクト

アプリ名
白猫VRプロジェクト(英語名称:Shironeko VR Project)
価格
無料
動作環境
Gear VR Innovator Edition for S6

※『白猫VRプロジェクト』をプレイするためには、Gear VR本体と、Galaxy S6及びGalaxy S6 edgeが必要となります。
※スマートデバイス版『白猫プロジェクト』とのデータ連携は行えません。

<画面イメージ>

白猫VRプロジェクト

『colopad』概要

colopad

※colopad対応のGear VRアプリとcolopadを同じアクセスポイント(Wi-Fi)で接続することで操作が可能となります。

colopad

株式会社コロプラ 会社概要

社名
株式会社コロプラ
http://colopl.co.jp
所在地
東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー11F
設立
2008年10月1日
資本金
63億2,126万円
代表者
代表取締役社長 馬場功淳
事業内容
スマートフォン特化型アプリ及び位置情報ゲームプラットフォームの開発・運営
リアル連携サービスの提供

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】

株式会社コロプラ コーポレート統括本部
マーケティング・コミュニケーション部 パブリシティグループ 金牧・福山
http://colopl.co.jp/contact/pr/

© 2015 COLOPL, Inc.
※コロプラおよびコロプラロゴは、株式会社コロプラの登録商標です。
※iPhone、iPod touch、iPad、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
※iOS はCisco Systems, Inc. またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※Android、Google Playは、Google Inc. の商標です。
※その他すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。