ニュースリリース

2013.07.18 位置情報活用

コロプラ、KDDIと共同で位置情報ビッグデータを活用した観光動態分析の実証実験を開始 ~観光客の移動・滞在傾向を分析し、観光支援・地域振興に活用~

株式会社コロプラ(代表取締役社長:馬場功淳、本社:東京都渋谷区、以下「コロプラ」)は、KDDI株式会社 (代表取締役社長: 田中孝司、本社: 東京都千代田区、以下「KDDI」)と共同で2013年7月18日から2013年9月末まで、位置情報ビッグデータ(※1)を観光支援や地域振興に活用する観光動態分析の実証実験を行います。

本実証実験は、三重県伊勢市、埼玉県、徳島県の3自治体と協力し、観光客の位置情報ビッグデータをもとに、その移動・滞在傾向を分析し、活用するものです。

例えば、観光客の位置情報ビッグデータから、観光エリアへの流入経路や利用した交通手段の傾向を分析し、より安心かつ快適に観光を楽しめる交通環境整備へ活用したり、観光エリアの周辺地域を含めた人口動態を分析し、レジャー・宿泊施設の整備へ活用するなど、両社がこれまで培ってきた位置情報活用の経験やノウハウを元に、把握困難であった観光客の移動傾向を統計的調査・分析を行うことで、位置情報ビッグデータを活用した観光振興計画の策定や地域経済活性化に取り組んでいきます。

コロプラ、KDDIは今回の実証実験の成果を活かし、より多くの自治体や地方公共団体の観光活性、交通整備、福祉産業分野等に貢献できる仕組みの検討を進めていきます。

(※1) 位置情報ビッグデータとは、KDDIがauスマートフォンユーザから個別同意の上取得し、誰の情報であるかわからない形式に加工した位置情報データです。データの加工方法の詳細は下記をご確認下さい。

観光動態調査プロジェクト概要

1.位置情報ビッグデータ利活用フロー概略

本取組における位置情報ビッグデータの利活用フローは以下の通りとなります。
データ利活用フロー

①位置情報データの利用及び、個人が特定できない形式に加工した上で第三者に提供することに同意を頂いたauスマートフォンユーザの情報を取得します。

②KDDIは協力自治体様へ提供する分析に必要な位置情報データのみを抽出し、誰の情報であるかわからない形式へ加工(位置情報とユーザの紐づけキーのハッシュ化、位置情報の時間的空間的メッシュ化、等)し、コロプラへ提供します。コロプラで個人を特定することはございません。

③コロプラは授受したデータを統計的に分析し、レポート化し協力自治体様へ提供します。また、コロプラはKDDIより授受したデータを今回実証実験以外の目的で利用することはございません。

<提供レポートイメージ>
↓流入経路別来訪者数・来訪者構成比レポートイメージ
流入経路別来訪者数・来訪者構成比

↓市区町村別平均滞在時間(昼間)マップイメージ
市区町村別平均滞在時間(昼間)マップ

2.位置情報ビックデータに関するこれまでの取り組み

【KDDI】
位置情報をはじめとするビックデータの利活用について、総務省の「パーソナルデータの利用・流通に関する研究会」など各種研究会へ参画し、通信事業者が保有するデータの公共・学術・産業分野への活用検討を推進。

【コロプラ】
2011年3月に「コロプラおでかけ研究所」を発足し、CSR活動の一環として同社が展開するゲームアプリで蓄積された位置情報を活用した観光動態調査レポート・コンサルティングを、12の自治体および地方公共団体へ提供。

3.協力自治体へのコロプラ、KDDIの取り組み概要

■三重県 伊勢市
伊勢市は「神宮ご鎮座のまち」として年間約800万人もの来訪者を受け入れています。コロプラ・KDDIは、同市がより、安全かつ快適に観光を楽しめる環境づくりを推進するために、一定期間内の伊勢市来訪者の移動情報を、複数の観点から分類し、各々の市内来訪状況を分析・可視化することで、伊勢市内の交通環境の整備や滞在型観光推進等の検討に貢献していきます。

■埼玉県
埼玉県は、川越や秩父などの人気の観光エリアに加え、花の名所、遺跡、工場見学ツアーなど多種多様な観光資源を有し、近隣都県からの日帰り観光客を多く受け入れています。コロプラ・KDDIは、位置情報ビックデータを活用した周遊・来訪状況分析によって、同県内の各観光エリア間での周遊性の高い観光ルート開発や、群馬県や新潟県との広域的な連携による観光促進に貢献していきます。

■徳島県
徳島県は、阿波おどり、鳴門の渦潮、吉野川などの豊かな観光資源を有していることに加え、2014年度に予定されている本州四国連絡高速道路への全国共通料金制度の導入により、更なる観光客の増加が見込まれています。そのため、同県では、来訪者の周遊や宿泊を促進し、県内滞在の長期化を図る観光振興施策を検討しています。コロプラ・KDDIは、今回の実証実験において、同県だけでなく四国他県、関西、中国、首都圏等遠方からの観光客の宿泊傾向や周遊状況を分析・可視化することにより、広域・周遊型の観光誘客戦略の検討に貢献していきます。

※コロプラおよびコロプラロゴは、株式会社コロプラの登録商標です。 ※その他すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

株式会社コロプラ 会社概要

社名
株式会社コロプラ
http://colopl.co.jp
所在地
東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー32F
設立
2008年10月1日
資本金
15億8,277万円
代表者
代表取締役社長 馬場功淳
事業内容
位置情報ゲームプラットフォーム及びスマートフォン特化型アプリの開発・運営
リアル連携サービスの提供

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】

株式会社コロプラ 経営企画部 斉藤・奥島・真木 press@colopl.co.jp