ニュースリリース

2012.02.23 O2O・リアル連携

コロプラ、東映の映画「僕達急行 A列車で行こう」とのタイアップ開始!~ 前売り券を買うとコロニーな生活の「特別コロカ」プレゼント ~

株式会社コロプラ(代表取締役:馬場功淳、本社:東京都渋谷区、以下「コロプラ」)は、東映株式会社(代表取締役社長:岡田裕介、本社:東京都中央区、以下「東映」)と提携し、位置情報ゲーム「コロニーな生活」と映画「僕達急行 A列車で行こう」のタイアップを2012年3月3日(土)より開始します。

本タイアップでは、映画「僕達急行 A列車で行こう」の「コロカ」付き前売り券を3月3日より対象映画館にて販売します。映画の主人公松山ケンイチさん演じる小町と瑛太さん演じる小玉のイラストも入った特別コロカの裏面にはシリアルナンバーが記載されており、「コロニーな生活」内でそのナンバーを入力すると、本ゲーム内でもコロカおよび特別限定アイテムを手に入れることができます。

コロプラは、本タイアップの実施を通じて"おでかけ"につながる機会を提供し、日本を元気にする一助となれればと考えています。

【僕達急行 A列車で行こう について】

1. 解説

    『の・ようなもの』『家族ゲーム』『そろばんずく』『間宮兄弟』といった監督作や、『バカヤロー!』シリーズなど脚本作でも、常に現代を生きるひとびとの感覚そのものを唯一無二のコメディセンスで描き出してきた森田芳光監督。彼が「これからは趣味の時代になる」と十数年前から温めつづけていたオリジナル企画。
    「鉄っちゃん」「鉄子」というファンの呼称が一般的となり、老若男女を夢中にさせている鉄道の世界。本作は、大企業で働くマイペースな青年と、下町の鉄工所の跡取り息子という対照的なふたりが、大好きな鉄道を通して友情を育み、恋に仕事に悪戦苦闘する姿を、のびやかなユーモアときらきらするような空気感で綴った、心あたたまるコメディだ。
    主演は、『マイ・バック・ページ』から大河ドラマ「平清盛」まで八面六臂の活躍を見せる松山ケンイチと、『ワイルド7』『一命』と硬軟両軸のベクトルを行き来する瑛太。現代日本映画を代表する演技派ふたりが、21世紀ならではのナイーヴな男の子コンビを絶妙の距離感で体現する。
    汗臭くないひたむきさ、淡々とした真面目さ、そして、さり気ない思いやり。ふたりをつなぐそんなファクターは、混迷の時代を生きる私たちを、ふっと優しく和ませるピュアなパワーにあふれている。
    脇を固めるのは、貫地谷しほり、ピエール瀧、松坂慶子、笹野高史、西岡德馬、伊武雅刀といったヴァラエティに富んだ芸達者な面々。
    人と人とを結ぶフラットでやさしいコミュニケーション、さらには私たちがこの世界で生きることの意味をさり気なく考えさせてくれる魅力的なキャラクターたちを演じている。色とりどり様々なデザインの車両がひしめき合うことで鉄道ファンの熱い注目を集めている九州各地で長期ロケを敢行。東京パートもあわせて、劇中に登場する電車の数は、合計20路線80モデルにもおよぶ。また、主人公の小町(こまち)と小玉(こだま)をはじめ、登場人物が特急の名前になっているところも森田監督らしいこだわりだ。

2. ストーリー

    のぞみ地所の社員、小町圭(松山ケンイチ)とコダマ鉄工所の二代目、小玉健太(瑛太)はともに鉄道を愛する者同士。ふとしたきっかけで出会ったふたりは、すぐに仲良くなる。
    住まいにもトレインビュー(鉄道が見える景色)を追求する小町は、コダマ鉄工所の寮に入るが、やがて転勤で九州支社に行くことになった。九州には、のぞみ地所がなかなか口説けないソニックフーズの筑後雅也社長 (ピエール瀧)がいたが、鉄道ファンだったことから小町や小玉と意気投合、事態は好転。
    ところが、小町も小玉も、恋は趣味や仕事のようにはうまくいかない。小玉は、見合い相手の大空あやめ(松平千里)にぞっこんだが、あやめにはどうやら思うところがありそう。小町は眼鏡店勤務のOL、あずさ(貫地谷しほり)や社長秘書みどり(村川絵梨)からの好意を感じつつも、その先の一歩が踏み込めない。しかし、縁は異なもの味なもの。小町が交渉に苦戦していた九州の地主、早登野庄一(伊武雅刀)は、意外なところでつながっていた。そして小玉は一計を案じ、小町とあずさに、無人駅のホームでふたりきりという絶好のシチュエーションを用意するのだが......。

株式会社コロプラ 会社概要

社名
株式会社コロプラ
http://colopl.co.jp
所在地
東京都渋谷区恵比寿南1-15-1 A-PLACE恵比寿南3F
設立
2008年10月1日
資本金
506,379,337円
代表者
代表取締役社長 馬場功淳
事業内容
「コロニーな生活」など位置情報ゲーム、位置情報サービスプラットフォーム「コロプラ」の開発・運営

※2011年12月1日にビル名称が変更となりました。

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】

株式会社コロプラ 経営企画部:天野・斉藤 press@colopl.co.jp