追憶のレディアント

追憶のレディアント

追憶の輝きが失われても、仲間との絆が消えることはない。

滅びた古代都市シェムニール。そこは、人々の思い出が、泡となって降り注ぐ不思議な都市。君とウィズは、見習い魔道士の少年「アーデ」と出会い、この都市を調査する彼ら一行に加わることになる。

調査を始めた君たちは、たったひとりで思い出を管理している追憶の巫女「メモリア」と出会う。「今すぐこの都市から立ち去りなさい――」

君たちを突き放そうとするメモリア。しかし、調査団員のアーデは、メモリアのことがなぜか気になってしまう。「彼女を放っておけない……。ひとりぼっちにしちゃダメな気がするんだ」

滅びた都市で、たったひとり残った思い出の巫女メモリア。彼女に隠された秘密とは?そして、都市に眠る機械少年の守護者。古代都市シェムニールの秘密とは……。

前のページへ