聖なる空のエステレラ

聖なる空のエステレラ 星めぐりの物語

星の物語がはじまる

10年に1度の星彩の儀に先駆け、聖女たちは慌ただしく準備に取り掛かっていた。失敗の許されない状況の中で、聖女たちは魔物退治や日々の仕事にも追われていく。

そして開催された星彩の儀。

最後の夜、星めぐりの夜まで、彼女たちは成功を願い続ける。そんなとき、神様や聖女たちが住むエークノームの周辺に、大きな音が鳴り響いた。

外には、星とともに落ちてきた少女がいて―――――。

前のページへ