活動レポート

2016.06.07 受入活動レポート

愛知県 西部中学校3年生の皆さんが、企業訪問で来社されました

コロプラでは、未来を担う子どもたちの勤労観や職業観の育成に貢献したいという想いから、総合学習の一環として行われている企業訪問の受け入れを2014年より実施しています。

愛知県 西部中学校3年生

このたび愛知県 西部中学校から3年生の学生さま6名が、企業訪問のためコロプラへご来社されました。嬉しいことに、みなさんコロプラゲームのファンということで、社内の至る所に置いてあるキャラクターグッズを見ては大興奮の様子でした。みなさんをご案内したコロプラの「歴史部屋」には、コロプラ設立当初から運営している位置情報ゲーム『コロニーな生活』に関するアイテムグッズや、『コロニーな生活』の提携店舗で一定金額以上の買い物をするともらえる「コロカ」の全コレクションが展示されています。みなさん興味深そうに、展示物一つひとつを見学していらっしゃいました。

愛知県 西部中学校3年生

そこから、社員向けのリフレッシュスペース「COLOPL Park」にご案内しました。巨大なクマのぬいぐるみが置かれている中央の広いスペースで、クマを囲んで記念撮影。楽しく、遊び心満載の「COLOPL Park」では休憩するほか、業務に関する会議も行われていること、仕事の効率を高めるために、こういったリフレッシュスペースを設けることも大切であるということをご説明しました。

愛知県 西部中学校3年生

そしていよいよゲームの開発現場へ!インタビューでは、コロプラが大切にしているものづくりに対するモットーから、ゲーム制作の裏側までさまざまなお話を聞きました。普段遊んでいるゲームの担当者に話を聞けるということで、事前に用意してきた質問を終えた後も、追加の質問が後を絶ちませんでした。「ゲーム作り」と一言でいっても、ストーリーを考える人やキャラクターをデザインする人、効果音を作り出す人など、それぞれの分野に専門の担当者がいて、役割分担をしながら一つのゲームを作り上げていることをインタビューを通してご理解いただきました。インタビューを終え、自分だったらゲーム作りで何を担当したいかという話題で盛り上がっている様子が印象的でした。

愛知県 西部中学校3年生

社員へのインタビューを通して「コロプラ」という会社や、ゲーム制作の仕事について少しでも興味を持っていただければ嬉しく思います。今回のご訪問が、学生のみなさんが将来の職業選択について考えるきっかけになってくれれば幸いです。