活動レポート

2016.05.11 受入活動レポート

鳥取県三朝中学校3年生の皆さんが、企業訪問で来社されました

コロプラでは、未来を担う子どもたちの勤労観や職業観の育成に貢献したいという想いから、総合学習の一環として行われている企業訪問の受け入れを2014年より実施しています。

このたび鳥取県三朝中学校から3年生の学生さま5名が、企業訪問としてコロプラへご来社されました。ゲームが好きで運動も得意、という元気な印象の学生さまでした。

はじめにコロプラの会社概要や事業内容をご説明しました。普段遊んでいるゲームがどんな人たちによって、どんなふうに作られているのか興味津々の様子でした。ご来社の記念にお渡ししているお土産のモチーフにもなっている、コーポレートキャラクターの「クマ」についてもご紹介させていただきました。

鳥取県 三朝中学校3年生

続いて、コロプラの社内見学へ。ハンモックやこたつ、家庭用ゲーム機が設置されたスペースなどがあるリフレッシュエリア「COLOPL Park」へご案内しました。コロプラは創業当初から社員の健康を重視しており、現オフィスには社員のためのリフレッシュスペースやマッサージルームがあるということをご説明しました。学生さまは、重厚な雰囲気の会議室とのギャップに驚きの表情を浮かべていました。

鳥取県 三朝中学校3年生

さて、次はいよいよゲームの開発現場へ。整然と並んだデスクで作業するメンバーのパソコンには、ゲームの開発画面が写っていて「あれは何の場面かな?」とわくわくした表情を浮かべながらオフィス内を移動しました。今回は、VRゲームの開発チームにお邪魔して、メンバーに話を聞きました。「ゲームの会社」といっても、担当ごとにいくつか職種があること、何度も試行錯誤を繰り返してよりよいゲームを作り出す努力をしていることなどがわかりました。

鳥取県 三朝中学校3年生

インタビューを終えると、先月リリースされたばかりの新作ゲーム『VR Tennis online』を対戦形式で体験しました。「ゲームが好き」というだけあって、短時間で開発メンバーも驚く上達っぷり。まるでプロのテニス試合を見ているようなラリーが続きました。「テニスなら生徒に負けない」とおっしゃっていた先生も、ゲームの世界では生徒に完敗して悔しそうな様子でした。

鳥取県 三朝中学校3年生

今回の訪問を通して「コロプラ」という会社や、ゲームを作る仕事について興味が湧いたというご感想をいただき、帰ったらぜひコロプラの他のゲームもやってみたいという嬉しい声も聞けました。開発現場で働くメンバーへのインタビューなどが、将来の職業選択のきっかけ作りになってくれれば幸いです。